【オススメ】2018年 一眼レフのレンズ。初心者はどれを買えばいいのか考えてみる。

lens-1209823_640

 

 

こんにちは、くれそんです。

 

【オススメ】2018年 一眼レフ入門機として初心者はどれを買えばいいのか考えてみる。

2018.05.11

 

では、最近一眼レフカメラ、というものが欲しくてたまらない、一眼レフで撮った写真をSNSに投稿してみたい僕が、

 

初心者向けでリーズナブルな一眼レフはあるか、と調べてみた結果を書きました。

 

 

結果、

canonのカメラなら、EOS Kiss X8i。

 

 

Nikonのカメラなら、D5300。

 

 

どちらも、本体と、標準装備されたレンズキット、合わせて6万円前後で買えて、

スペックも同じくらいで、バリアングル液晶だから撮る際に便利、という商品です。

81a3gIite5L._SL1500_

 

img_04 img_03 img_05

 

画像引用:Nikon

 

 

欲しいカメラには目星がつきました。

 

今度は、標準装備のレンズキットとは別の、

より自分が撮りたい写真を撮らせてくれる、レンズ選びについて簡単に書きました。

 

もし今、僕と同じように初めての一眼レフカメラ&レンズを選び中、という方は、よろしければ、参考になさってください。

 

 

● 僕がレンズに使える予算

 

本当にカメラ初心者なので、レンズだけの値段とか、よく分からないんですが、

カメラ本体も買わなきゃなので、レンズだけに3万も4万も出せないわぁ~、というのが僕の今の感覚です。

 

 

● 僕が撮りたいモノ

 

スマホのカメラで写真を撮ったりするのが好きな僕。

 

普段スマホで撮っている風景としては、

見上げたら綺麗だった空、とか、ふらっと訪れた隣町の住宅街、とか。

 

IMG_1726 IMG_1727

 

普段スマホで撮るモノしては、

カフェで飲んだコーヒー、とか。駐輪場の自転車とか、地面に落ちている自転車の鍵とか。

 

IMG_1725 IMG_1732

 

IMG_1733 IMG_1729

 

 

凝った場所、凝った瞬間を撮りたいとかじゃなく、

街で見かけたアレ。お店で出会ったコレ、みたいな「動かない物」を一眼レフで撮る事で、

ごくごく日常的な雰囲気をSNSで表現したいなあ、と思っています。

 

 

1.Canon 単焦点レンズ
EF50mmF1.8 STM

 

 

動かない物を撮りたい時に便利な、3万4万とかしないレンズ。

となると、

 

 

このレンズ一択かなあ? という気がしています。

 

 

まず価格。2万円もしません。良いですね。

 

 

そんな、この単焦点レンズ。特徴は何といっても、被写体がキレイに撮れる事

被写体がキレイに撮れる理由は、ぼんやりボケる背景が、撮りたいモノを引き立ててくれるから、だそうです。

 

img-point01 img-point03-01

画像引用:Canon

 

例えば、上の朝食の画像。

Canonの EF50mmF1.8 STM で物撮りする時の、被写体とレンズとのベストな距離は、26センチだそうです。

 

単焦点レンズは、ピントを合わせる為にはレンズの調節ではなく、カメラを構えている自分ごと動いて、被写体との適切な距離感をとる必要があります。

 

写真を撮る人間にとっては一手間かかりますが、その代わり、適切な距離感をはかることで

標準的なズーム用レンズに比べてより精細な物撮りができるそうです。

 

img-point03-03

 

画像引用:Canon

 

となるとですよ。街で見かけたアレ。お店で出会ったコレ。ごくごく日常的な雰囲気を醸す、動かない物を撮る時に、単焦点レンズ。とても便利そうじゃないですか^^ノ

 

 

遠くの夜景や、照明の暗いお店という、スマホのカメラが苦手とする際たるジャンル

これも単焦点レンズ EF50mmF1.8 STM なら、すごく綺麗に撮れるそうです。これが僕にはメチャメチャ魅力的です。

 

img-point02

画像引用:Canon

 

暗い背景にも強い単焦点レンズなので、ISO感度という、いわば、

画像が粗くなるリスクと引き換えに、写真を明るく見せる機能を、使い過ぎなくてよくなるそうです。

 

 

画像が粗くならない。となると、遠くの景色を撮る時は、単焦点レンズからズームレンズに付け替える、という事をせずとも、

単焦点レンズで遠くの景色を撮って、撮った写真自体は、被写体が小さく映っているかもしれないけれど、

 

あとで被写体を拡大する加工をしても、画像が粗くなりづらい、という、工夫のし甲斐があるメリットもあるそうです。

 

 

遠くの景色を撮るには、やっぱり本格的なズームレンズも追々は使いたい願望はありますが、

初心者の僕、まずはザックリと景色を撮れればいいや、くらいに思っている僕にとっては、単焦点レンズだけで十分かもしれません。

 

 

ハイ、決定です。物撮りでも暗い景色でも、撮り始めの間は、

 

Canonの EF50mmF1.8 STM 一つでやっていきたいと思います♫

 

 

♢ ♢ ♢

 

 

当分は単焦点レンズでやっていきたいと思う僕ですが、

ゆくゆくは、こういうレンズも買いたくなるかもなあ、という感じで、他のレンズもちょっとだけ調べておきます。

 

 

2.SIGMA 高倍率ズームレンズ
Contemporary 18-200mm
F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

 

 

 

 

feature01_main_img 200mm detail_img01

画像引用:SIGMA

 

04 (1) 05

画像引用:PHOTO YODOBASHI

 

先端の方に羽根みたいなのがあるレンズ。プロのカメラマンが使うレンズってこんな感じですよねえ。

ズームしたい時にビローンって伸びちゃって( *´艸`)

いいなあ、憧れますねえ。こういうレンズ。本格的って感じがしますもの。

 

SIGMAのCanon用 18-200mm を使って撮った写真の作例も載せておきました。いやあ、いいですねえ。

 

 

3.Canon 超広角ズームレンズ EF-S10-18mm
4.5-5.6 IS STM

 

 

 

 

building_10mm child_snap_10mm img-wide-sample03 street_10mm

画像引用:Canon

 

作例が全てを物語っていますよね。広い景色を撮ると、その景色が遠くに見えがちだったり、被写体を大きく撮ると景色との立体感がなくなりがちですが、

 

広角レンズは、写真から沢山の情報を臨場感をもって伝えられますねえ。Youtuberさんが広角レンズを多用される、そのお気持ちが分かります。

 

 

4.SIGMA 超望遠ズームレンズ
APO 50-500mm
F4.5-6.3 DG OS HSM

 

 

 

 

見るからにドデカいレンズだって事が分かりますよね。

 

02 gallery_01

画像引用:PHOTO YODOBASHI / SIGMA

 

そして、超遠い場所から撮った、美しい自然の刹那。フォトコンテスト入選を狙う用のカメラ、って感じがします。

まあ、このレンズは、本当に追々って感じですね(;^ω^)

 

 

~ おわりに ~

 

 

という事で、一眼レフカメラとレンズを、買いに行く前に少し調べ、

 

カメラに関しては、Canonの eos x8i か、NikonのD5300 。まだ決めきれていないので、実際にどちらを買ったのかは、またご報告します。

 

どちらかに決めたカメラ、そのカメラに標準装備されるレンズキットとは別に、

とりあえず別個で買うレンズは、Canonの単焦点レンズ EF50mmF1.8 STM 。これは決定で行きます。

 

 

それでは、実行に移ります。近々、カメラとレンズを買った、そして使ってみたご報告、させて頂きます。

 

 

 

 

(↓)初めて一眼レフを買うならどの機種が良いかを書いた記事です。

【オススメ】2018年 一眼レフ入門機として初心者はどれを買えばいいのか考えてみる。

2018.05.11

 

(↓)トイカメラもイイですよ。特有の歪み・ボケ味・色調が楽しめます。

【トイカメラ 作例】SNSをより個性的に!VQ5090で味ある写真を撮ろう。

2018.05.28