【大阪 北摂】摂津市で唯一道路の白い鳥飼八町。広がる原風景は沖縄みたい?

7583889760_IMG_1391

 

 

目次

 

 

こんにちは、くれそんです。

 

大阪府摂津市には、色々な表情があります。

 

色々な表情のある摂津市ではありますが、どの場所を切り取っても、摂津市は田舎なんだねえ、というイメージを抱かせる事にはなると思います。

 

AB263614-019A-4D3F-8E79-7F1BBDF6D46E

 

 

淀川や安威川、神崎川という一級河川の走る地形である事から、田んぼが街中に点在していて、

 

一方、高速道路や幹線道路、さらに鉄道の物流網が集積している街でもあり、

さらに、大阪市や茨木市、高槻市、吹田市、寝屋川市、さらにその隣の枚方市など、
全国的にも名の知れた大きな街に囲まれ、京都や神戸にもそこそこ近いので、ベッドタウンでもあります。

 

3BC6BDB8-D9AE-440B-BCEA-B39582320876

 

という事があり、摂津市にある田んぼをカメラで撮ると、茂る緑の奥に、近代的な建物が沢山写り込みます。

 

田舎の中の、わりと都会っぽいところ。田舎の中の田舎と思わせるところ。

そのグラデーションの混在っぷりに、摂津市の色々な表情を見受けられるのだと、僕はそんな気がしています。

 

 

BE96BB16-7847-4249-A95E-4B30DEB84A40

 

で、そんな都会の表情と田舎の表情が混在する摂津市の風景の中で、

最も田舎色の強いエリアが、

 

鳥飼八町 のエリアです。

 

D43A93A5-976E-4EA5-8193-915E28C83258

 

 

1.摂津市の中で
唯一、道路が白い
鳥飼八町。
なぜ白いの?

 

 

 

7583889760_IMG_1412 IMG_1771 7518882208_IMG_1596 IMG_4171

 

安威川が目の前に流れている事もあり、田んぼ田んぼ畑田んぼな、大阪府摂津市鳥飼八町

 

 

僕が一番印象的なのは、
道路が、白い

 

7583889760_IMG_1391

 

 

私道でもないのに、黒いアスファルトの道路でない部分は、摂津市では鳥飼八町だけ

摂津市の中でも最も田舎っぽい鳥飼八町。なんだか白い道路は、その田舎っぽさの象徴でもある気がして、なんだか気になっていました。

 

この白さは、田舎レベルが高い事で道路に敷かれた勲章なのか?

 

その白さの理由をちょちょいと調べてみると、理由が判明しました

 

 

7583889760_IMG_138658

 

まず、道路の白さの理由は、コンクリートで舗装されたからだと思われます。

 

コンクリート道路は、その頑丈さが特徴的。その頑丈さによりメンテナンス頻度が抑えられると期待され、

最近ではコンクリート道路がどんどん普及しているらしいです。

 

 

この白い道路。その下は、雨水や地下水を排する為の、三箇牧水路があります。

この水路の上を車も走れる道路にする、という事で、頑丈なコンクリート製にしたのでしょう。

 

678B942C-BE26-4F20-8EF7-A362681C2C2156

 

 

摂津市とその周辺の街も含めて、工業の街でもあるので、工業用水として地下水をバンバン汲み上げていたらしいです。

そのせいで地盤沈下が起き、雨水や地下水を排する機能が落ちてしまい、水害が多発したそうです。

 

そこで、1989~99年にかけて、三箇牧水路の補修事業がありました。

 

白い道路の導入は、三箇牧水路の補修事業の一環だったそうです。

 

参照:水土里ネットしんあん

 

 

アスファルトの道路に挟まれて、水路の上の白い道路があります。

という事は、元々あった道路の間を、水路が走っていたのでしょうね。

 

7583889760_IMG_139666

 

 

昔の三箇牧水路は、ここまで深くなかったのでしょうけど、

とはいえ幅広な水路が真ん中を走っていて、その両側に住宅や田んぼがあったとなると、

昔は水路の上に簡単な橋がかかっていて、そこを鳥飼八町の皆さんは往来されていたのでしょうねえ。

 

7583889760_IMG_1405

 

 

でも、皆さんが車や軽トラを使うようになったら,
路地を通り抜けて移動とか、危ないですものね。

三箇牧水路も重厚なものになった事ですし、ここに道路を架けたと。すごく便利になった事でしょうね。

 

という事で、ここ2、30年以内という、わりと最近に整備された、水路の上の道路。

コンクリート製の白い道路を導入したのも頷けます。

 

 

この道路が新設された事で、よっぽど便利になったのか。

この道路を歩いていると、日本家屋が建ち並ぶ水田集落には似合わない車が結構通ります。

 

IMG_4544

 

この鳥飼八町は、摂津市と茨木市の境目あたりにある街で、

淀川新橋を渡って枚方市などに繋がっていく国道1号線や、高槻市に繋がる府道14号線、
それらを中継する道路が、鳥飼八町の茨木市側には走っていて、

 

大阪の物流の大動脈である、中環と呼ばれる府道2号線へ繋がる道路が、摂津市側には走っています。

 

大きな大きな道路の中継地点同士に挟まれている鳥飼八町の、この白い道路は、

すごく良いショートカットコースなんです。

 

7518882208_IMG_164456

 

7583889760_IMG_139169

 

7583889760_IMG_1399586

 

大きなトラックが通れるほどの幅員はないのですが、乗用車なら余裕ですので、

「お前、絶対近道しとるやろ?」という、真っ白なチョケた車をたまに見かけます。

 

 

2.工場と倉庫ばかりの街に、
溢れる自然、自然、自然……
大阪府摂津市のギャップ萌えポイント。
それが、鳥飼八町。

 

 

白い道路。その道路に停まる農耕機。日本家屋。花と緑。田んぼ……

 

IMG_7520 IMG_7514 IMG_7516 7518882208_IMG_1626 7518882208_IMG_1621 IMG_4172 IMG_4173

 

沖縄やんっ! 田んぼあるけど、沖縄やんっ! とすら思えてくる、鳥飼八町の町並みです。

 

これぞ摂津市らしい、倉庫や工場、大きめの道路、東海道新幹線の高架下、という風景がすぐそばに広がっているのに、

ちょっと奥に入ったら、途端に沖縄が広がっているんです(笑)。

 

摂津市の無骨な表情を散々眺めた後、自然と懐かしさ溢れる、沖縄みたいな鳥飼八町。

 

 

7518882208_IMG_1618

 

アスファルトで舗装されていますが、畦道を歩くと田畑の緑に囲まれ

その畦道からは、京都方面を走行する新幹線を至近距離で眺められたりと、

 

なんだか穏やかな気持ちになれる、そんな鳥飼八町であります。

 

7518882208_IMG_1614 7518882208_IMG_1611

 

 

3.おわりに

 

 

【摂津-寝屋川】ガラガラの100円橋がそれでも必要だ。鳥飼仁和寺大橋について僕が思う事。

2018.03.15

 

上の記事にもチラッと書きましたが、

淀川の下流と梅田のビル群の上で、茜色に溶けていく夕空の群青を楽しめる、鳥飼仁和寺大橋の上、

くらいしかオススメする場所の無い摂津市。

 

それくらいしかない摂津市ではありますが、

もうひとつ挙げるなら、そこだけ田舎感、原風景感があり、鉄道マニアにもオススメの、鳥飼八町。

その白いコンクリート道路の上に佇んでみませんか?

 

7518882208_IMG_1599

 

 

 

以下、関連記事です。

 

(↓)隣の街に行くだけなのに……大阪府摂津市と寝屋川市との間を結ぶ、有料の橋。これを一瞬にして無料にできる方法を考えました。

【寝屋川-摂津】100円橋を今すぐ無料化する方法考えた。鳥飼仁和寺大橋について僕が思う事。

2018.03.15

(↓)海と花。自然と触れ合おう、大阪で! 毎年、芒種の大阪湾で開催される舞洲ゆり園の様子を今から予習。

【大阪舞洲ゆり園2018】夏の始まりに期間限定の花の楽園が!2018の様子を写真つきでどうぞ

2018.07.13